【ストックイラスト】本気の初心者に伝えたい、思い切って変えて良かったこと(習慣・道具)

ストックイラスト(考え方)

(2021年8月7更新)

ストックイラストで、思い切って変えて良かったこと

この記事は、ストックイラスト初心者で、やり方に悩んでる方向けとなります。

現状のやり方に満足で、ゆっくり楽しくやりたい人には役に立たないかもしれません。

効率よくイラストを増やしていくには?

ストックイラスト初めてみたけど、本気で稼ぎたいなら、どうも毎日たくさん描き続けなければならないらしい・・・会社務めをしているので、そんなに時間もとれない

最初は楽しく描いていたけど、一向に売れないし、さすがにしんどくなってきた。

この調子で続けていても稼げる日は来るのかな?

そんな方に、是非とも読んで欲しい記事です。

 

ちなみに私は数年前からストックイラストをしております。

最初は全く売れませんでした。試行錯誤しながら続けてきて月数万円単位までは伸ばせました。

まだまだですが0→1までは持ってこれたと思っています。

もっと伸ばそうと日々奮闘中です^^

 

習慣

何が何でも描く時間を作る

(たくさん描くには時間が必要)

私はストックイラストを始めてから、イラストを描く時間を作るために生活をだんだん変えていきました。

❶会社の近くに住む

私は敢えて会社の近く、徒歩で通勤できる範囲の場所に住んでいます。

ストックイラストのためというより、満員電車が苦手で通勤時間が勿体ないからです。自分の時間を増やすことができたので、自然とストックイラストの時間も増えました。

❷昼休みにも描く

会社と家が近いので昼休みにも家に帰れます。2〜30分と短い時間になりますが積み重なれば大きいです。ランチは簡単に済ませてイラストを描くかイラスト登録をしたりしています。

ちなみに朝、出社前の時間も使っています。

❸残業減らす最大限の努力

職場環境によって違うと思いますが、私は残業の多い仕事をしていて、それが当たり前のようになっていたのですが、早く帰れる日は帰るようにして、まずは「残業当たり前キャラ」にはならないようにすることを心がけました。

今でも残業は多いですが、以前は昼休みや早朝などにも会社の仕事をしてしまうことが多かったのですが、そこは割り切るようにしています。

❹終業と同時に頭の中はストックイラストに切り替え

会社の仕事は会社で終了する。

これは頭の中も同じようにすることを心がけました。そうしないと結局自分の時間が有効に使えません。

でも、仕事の段取りや人間関係など、家に帰ってもついつい考えてしまうもの。

私は時間さえあればYouTubeやラジオ配信(voicyなど)で自分の役に立ちそうな配信を聞くことで、頭を切り替えています。イラストを描きながら聞いていることが多いです。

知識も増えるし、よけいなことを考えなくなるので、この習慣はとても役に立ってます。

 

❺何かを削る

時間を増やすには、何かを削らなければならない。

削れるところは何だろうと考えて、YouTubeダラダラ見る時間とマンガを読む時間を減らしました。

っていうか渾身のお気に入りだけを残しました。

楽しいことを全く辞めてしまうのはしんどいけど、ちょっと自分の中でルールを決めるだけでも時間が生まれるので、これも良いと思います。

❻道具は出しっ放し

パソコンはつけっぱなし、手描きもするので紙やペン、筆などは出しっぱなし、いつでも仕事ができるようにしています。

イラストを描くのって気分も大事なので、パソコンを立ち上げたり準備をしたりしてる間に他のことを考えて気持ちが下がってしまわないように、気が乗った時には、すぐに取りかかれるようにしています。

道具

ここぞという所にはお金をかける

(早くたくさん描くには道具も大事)

私は不器用なのでイラストの道具によって、かなり描く精度やスピードが変わります。

なので、これという道具は思い切って買うことにしました。昔、ケチって欲しい道具も買わず何年も無駄にしていたのですが思えば非常に時間が勿体なかったです。

❶不器用な私の救世主

一番、買ってよかったのがペンタブレットです。

マウスでストレスなくイラストを描ける人や、マウスからスタートしている人には関係のない話かもしれませんが・・

私は本当にペンタブレットでイラストを描く効率が上がりました。

アナログイラスが得意な人にはおすすめです。

私の主観ですが、力の入れ方、というか力を入れる指の部分がアナログの鉛筆やペンの時とマウスでは違います。

なので私はマウスで描くと、ちょっと違和感を感じます。イラストの精度も弱くなります。

でもペンタブレットは鉛筆やペンと同じ持ち方をするので体の一部かと思うくらい手に馴染んで描きやすいです。

ちなみにワコムのWacom Intuos Pro Mediumというペンタブレットです。

❷腕の疲れが軽減

私は会社でマウスを使うのですが、家でも同様にマウスを使うと指の同じところにばかり負担がかかります。

家でペンタブレットを使う様になって持ち変えるのも面倒なので、家ではネットを見るのも全てペンタブにしました。なので力を入れるところが分散されて腕の負担も軽くなりました。

 

❸自分にとって大切なものを見極める

そもそも私は会社ではパソコンを使っていますが、家には何年もパソコンがありませんでした。

まずはそれが間違いでした。

グラフィックソフトで絵が描きたいののにパソコンやソフトを買う「お金がない」と思って買わなかったけど、無理すれば買える値段でした。

そこで何年もスタートが遅れてしまった。

意を決してやっと買ってからは、専用マウスでたまに絵を描いてみるけど下手くそで、ちょっと描きにくいので、ペンタブレットにずっと憧れていました。

それもまた、ケチケチして何年もの間、買わなかった。(高い服や化粧品は買ってたくせに^^)

やっと買ってからは使い倒し、初代のペンタブはボロボロ、パッドが剥がれてきビニールテープで止めて使っていました。

 

私は本当にイラストが好きなので、パソコンもペンタブレットも心から買って良かったと思っています。

好きなことができるだけでなく、仕事にすれば収入も生み出せるし(実際、十分にもとは取れています)

自分の役に立つものなので本当に早く買えばよかったと思っています。

 

とはいえ、イラストまだ2〜3枚しか描いてないよ、とか、ストックイラストにちょっと興味があるだけで登録はしてないよ、という方は高い買い物だと思うなら、買わない方がいいかもです。

私は本当にイラストが好きで、きれいやかわいいイラストを見ただけでテンションが上がる、ちょっと変な人なので・・・

まとめ

思い切って変えてよかったことを紹介しましたが、会社の近くに住むとかは簡単にはできない人もいると思います。

私は何でも先延ばしにするくせがあるのですが、けっこうな年齢になってからイラスト描きたかったのに描いてない、このまま描かずに人生が終わってしまうのではと気づきました。

ずっと先のことを考えて、今の延長線上にある自分の未来は絶対にいやだと思い、だんだん生活も変えていきました。

自分の望んでいる生活と、自分の人生の持ち時間をシビアに考えてみることは大切です。

そして私がそうだったのですが、良いと思うことは、できることからでも少しづつでも初めて見ることで、全てが良い方に進んでいくのではと思います。

 

»(お得なポイントあり)オリジナル品が豊富なペンタブレットの【ワコムストア】

タイトルとURLをコピーしました