ストックイラストは悩んでる間に始めた方がいい!

ストックイラスト(考え方)

(2021年1月23日更新)

ストックイラストに興味があるなら

悩んでる間に始めた方がいいです。

私は数年前からストックイラスト を

続けていますが

今は月平均4〜5万円ぐらいの

収入になっております。

これは、もっと頑張れば

増える見込みはあるし

少しぐらい休んでも減らないので

時間はかかりましたが

やって良かったと思っています。

これからも続けていきたいです。

なので、その辺りのことを記事にしてみました。

本記事の内容

  1. 悩んでる間に、まずは描きましょう
  2. 悩んでる間に、審査に出しましょう
  3. 売れたら儲けもん

悩んでる間に、まずは描きましょう

イラストをちょっとは描けるけど

ストックイラストやってみようかな

  • でも何を描けばいいの?
  • どうやって登録するの?
  • 売れるかな?
  • 何も知らずに恥を書くんじゃ?
  • いろいろやっても無駄になるんじゃ?

私の周りの2人の友人がそんな感じでした。

答えは下記です。

●でも何を描けばいいの?

  →何でもいいから、好きなものを描いて描きあげる。

●どうやって登録するの?

  →もちろん登録方法ストックサイトに載っているし簡単です。

●売れるかな?

  →それは誰にもわからない、でも描かなきゃ売れない。

●何も知らずに恥を書くんじゃ?

  →誰も見てないです。

●いろいろやっても無駄になるんじゃ?

  →売れなくても描いたイラストと技術は残ります。

私の友人はイラスト十分うまい人なので

気にしすぎて二の足を踏んでる時間がもったいないと

いつも思ってました。

私も行動早い方じゃないけど

少しづつ登録を増やしていったので

少しづつ結果も出て来ました。

描かなければ確実にゼロです。

なので早く描いて最初の一歩を踏み出しましょう。

悩んでる間に、審査に出しましょう

これも友人を見ていて

もったいないと思っていました。

「こんなイラストでは審査に落ちないだろうか?」

いつまでも考えている。

友人の通常のイラストからいって絶対に落ちません。

そもそも普通にそこそこ描けてれば滅多に落ちません。

それにこの審査は芸術作品としての

審査ではありません。

そんなところは審査してません。

商業イラストとし販売する

条件を満たしているか

データの作り方、解像度、形式

そういったところのチェックに過ぎないのです。

私自身は

何十枚も描けばたまに落ちる時もあります。

直して、また入れます。

それだけの作業です。

審査に落ちても落ち込むような

ことではありません。

審査に出さないと

売れるも売れないもありません。

どんどん出しましょう。

売れたら儲けもん

最初は売れません。

たまに、すごい勢いで伸びていく人はいます。

そんな人を見たら

自分はダメだと落ち込むのではなく

ストックイラストには

「すごい可能性があるんだ」

思っておきましょう。

何ヶ月も売れない

半年で1枚売れた

それぐらいは当たり前です。

20枚描いても売れない

このイラストのどこが悪いの?

それは違います。

まず数が足りてない。

通常100枚は描かないと

何も反応はないと聞きます。

私は50枚を超えたあたりで

最初のダウンロードがありました。

そんなもんなので

楽しみながらコツコツ続けて

たまに売れたら儲けもん

と思って気を大きく持っていましょう。

そして何より時間がかかる物なので

最初の第一歩は

少しでも早くがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました