【意外な事実】デザイナーはイラストを描かない(イラストの仕事を探すときには気をつけて)

イラストレーション

(2021年7月22更新)

グラフィックデザイナーはイラストを描かないんです

現役デザイナーの私の経験からですが、イラストが好きな人がデザイナーに向いているとは限らないと思います。

これから就職、転職を考えている人に参考になればと思います。

 

無料でフリーランスクリエイター向けのお仕事を紹介⬇

フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

仕事選びは気をつけて

イラストを描く仕事がしたいと思って、商業デザイナー、グラフィックデザイナーで募集している会社に就職しても、めったに毎日イラストを描くことはありません。

思ってたんと違う〜ということにならないように、面接などで仕事内容はよく確認したほうがいいと思います。

 

実際の仕事内容はというと・・・

商業用として使えるように文字や写真を使ったデザインデータを作成、文字校正、細かい数値の確認事項が多く

下手をすればイラストを描くタイプの人にとっては、苦手で嫌いなことの連続になるかもしれません。

絵を書くのは感覚のものですが、仕事でデザインとなると理屈の部分が多くなるからです。

世の中の需要は文字媒体が多い

世の中の需要からいって商業デザインの中でも、人員募集が多いものは苦しい仕事が多くなります。

高級な品物のパンフレットやパッケージもあれば、毎日、大量に見ては捨てられていく広告物もあります。

前者より後者のほうが、数も多いので仕事の募集も多いです。

しかし「単価も安く納期が厳しい仕事で、内容は文字が中心なのでデザインする部分よりも文字校正や確認事項が仕事の大半をしめる」という感じです。

もちろん中にはデザイナーが自らイラストも描いてパッケージにしてしまうというような仕事もあります。

デザインといっても幅が広いので、自分が何をやりたいのか、その会社でそれはできるのかをしっかり考えていく必要があります。

初心者なので仕事内容を選べないときは

初心者の場合は、なかなか思うように仕事が選べないかもしれません。

少し思いとは違っても、とにかくその業界に就職して、日頃からスキルをみがいておいて、いずれ転職するというやり方もあります。

ただ、一度就職してしまうと、仕事は自分の望みとは違うのに転職はめんどうだったり不安だったりで、ダラダラ勤めて何年もたってしまうこともあります。

なので人生設計はちゃんと立てて、そのために自分のスキルは日々、磨いておいた方がいいと思います。

フリーランスなら仕事を選べる

フリーランスの場合は仕事内容もやり方も、その他服装などの細かいところも、何もかも自由です。

本当に魅力的な仕事形態です。

もちろん、すべて自己責任なので依頼されなければ仕事はないです。

その分、自分の好きな仕事を得るために、更に日々自分を磨いていくことが必要です。

デザイナー、イラストレーターには多い働き方です。気質に合う人が多いのだと思います。

デザイナーでは絵が描けないからストックイラストを初めた

私自身のことを言えば、就職を考える際、イラストを描くのが一番好きだったけど、デザインにも興味がありました。

会社勤めのイラストレーターの募集というのはその頃(今も?)殆ど無く、似たようなもんかと思ってデザイナーで就職したというわけです。

でも、きれいな花の絵とかを描きたいと思ってたのに、そんな仕事は殆どなかったです。たまにパッケージなどで、そういった仕事がありましたが、パッケージの図面を起こすのが苦手で困りました。

その他は、文字と写真をたくさん並べるのにバランスがわからない、はみ出てしまう、文字も何回校正しても間違っている、なので時間内にできない。

1枚のイラストを描くことには、そんな能力いりませんよね。

なのでイラストを描くのは好きだったけどデザイナーの仕事は苦手なことの連続でした。本当に最初は辛かった〜

それならそれで考えればいいのに、結局だらだらデザイナーをしながら、いつもイラストが描きたいと思っていた。先に述べた悪い例の通りのことをやってしまっていたのです。

そして、このままイラストを描かないで人生が終わってはいやだ、と思い立ちストックイラストを初めました。もう数年が立ちます。

そこでも、数え切れないくらい、いろんなことがありましたが、本当にやってよかったです。

自分の好きなことは苦労があっても楽しい、だって好きなことなんだもの。

好きな仕事がしたいなら遠回りは止めたほうがいい

私は現状の仕事内容に不満を抱えながら、生活のためと割り切って会社勤めをしています。

それとは別で個人でイラストも描いています。いずれフリーランスになりたいと思っています。

でも、デザイナーの仕事はイラストにも役立つことが多くその技術や知識が身についたことはよかったと思っています。

ただ、同じ会社に長く居すぎたと思っています。

それで納得ならいいのですが、もしこの記事を読んでいる人で私と同じ様な不満を持っている人がいたら伝えたい。

「この会社で吸収できることは、これくらいなので何年を目処に辞める」など考えておいて、転職、独立するなどの期限を決めておいた方がいいと思います。

あと、やりたいことは遠回りせずにどんどんやった方がいいと思います。(会社を辞める辞めていないに関わらず)

昔の弟子入り修行のやり方で、最初の3年はトイレ掃除ばかりとかいうのがありますが、そういうやり方は私は時間が勿体ないと思います。

本人がそれで納得(その師匠を尊敬してるとか他に道がないとか)ならいいと思います。

しかし、普通に考えて、身につけたいことがあるなら、そのものを鍛えることをやった方がいいと思います。

人間が元気で働ける時間は有限なので、3年でも1年でも無駄にはしない方がいいと思います。

イラストを描かない?どうやってデザインするの

イラストを描かずにデザインする方法ですが・・・

私が就職したのは何十年も前で、その頃と比べたら、特にここ何年かで、そのまま使えるいわゆる「有りもの」が恐ろしいほど充実してきています。

イラストも写真も無料でクオリティの高いものがバンバン手に入ります。

私の会社ではデザイナーは工場の作業員のように早くたくさん仕事をすることを望まれているので、自分でイラストを描いて時間を食うことは許されません。

以前は無料イラストなどなかったので、デザインする上でイラストが必要なときは、方法は2種類で

  1. お金を出してプロのイラストレーターに頼む
  2. デザイナーがイラストを描く

なので、デザイナーの、その能力や技術は認められていました。

今はそれができないので、ますますイラストを描くことができません。

ただ、私はそれが残念なのですが、逆にセンスはあるけどイラストは描けない人でもデザイナーにはなれると言うことです。

絵心は合ったほうがいい

デザイナーはイラストを描かなくてもなれますが、自ら描かないだけで形にするのは同じことなので、絵心やセンスは必要です。

ただ、それは普通の人並にあれば、真面目にやれば十分プロの仕事はできます。

説明のために、さらりと絵がかけると便利なこともあるのでイラストが描けると便利ではあります。

まずは、デザインに興味があるかどうかが向き不向きになってくると思います。

まとめ

私は子供の頃から絵を描くのが好きで、今でもそれは変わらないです。

デザイナーが思ったよりイラストを描く仕事ではないと知ったなら、自分の時間を使って、もっともっとイラストを描けばよかった。

そうやってイラストレーターになる活動をしていれば、現状はフリーランスで、デザインの知識もあるイラストレーターになれていたかもしれません。

なのでデザイナーの仕事がどんなものであっても、自分の現状の仕事への不満は、夢があるのにサボっていたツケが廻ってきた自分自身の問題だと思っています。

ですが、今これを読んでいる方たちが、知らなかったが為に遠回りをしてしまうのは、大変勿体ないと思うのでこの記事を描きました。何かの参考にしていただければと思います。

【ストックイラスト】副業?専業? みんな、どんなふうに生活してるの

イラストはスクールで学ぶと上手くなるの?

無料でフリーランス向けのお仕事を紹介⬇

フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

 

タイトルとURLをコピーしました