【イラストレーター】液晶ペンタブレットとの愛とすれ違いの物語

イラストレーション

(2021年2月23日更新)

最近デジタルでイラストを描く人が

急激に増えた気がします。

私はアナログとデジタルを掛け合わせたような

描き方をすることが多いですが

今の形に至るまでに

いろんな道具などを使ってみた

感想などを書いていきたいと思います。

 

  1. ペンタブレット?マウス?どころかパソコンが無い
  2. 液晶ペンタブレットついに購入
  3. 液タブ、板タブでもなく結局それかい

 

デジタルでイラストを描くとき何で描く(ペンタブレット or マウス)

ペンタブレット?マウス?どころかパソコンが無い

私は仕事でパソコンは日常的に使うし

仕事上、illustratorというソフトで

絵を描くこともあるのですが

それはマウスで描いてました。

家でも描きたかったけど

パソコンを買うお金がない

それが何年かつづき

やっとimacを導入

最初はマウスしかなくて

ペンタブレットにあこがれてました。

特にwacomの液晶ペンタブレット

欲しくて欲しくて

よく、ヨドバシカメラなどで

展示してあるのを見に行って

落書きをして帰ってきました。

でも、なかなか買えなかった。

 

これはお金がないということも

あったけどスペースがなかった

ワンルームの狭い部屋に住んでいたので

置く場所がなかったのです。

液晶ペンタブレットは

今は小さいサイズもありますが

そのころは大きな机のような

サイズしかなくて値段も高額で

間違っても

買ったはいいが使わなかった〜

なんてことには、なりたくない。

そんな思いから

ヨドバシでヨダレを垂らしながらも

購入には踏み切れませんでした。

でも

部屋のスペースを無理矢理あけて

貯金を叩いてでも

買えばよかった気もします。

それは未だにわかりません。

 

 

液晶ペンタブレットは

紙に描くように

画面にペンをあてて描くことができるので

不器用な私には

イラストの精度を上げることが出来そうで

気持ちを切らす事なく描けそうで

本当に憧れの存在でした。

 

 

私のイラスト好きは

子どもの頃の紙に鉛筆で描く

落書きから始まっているので

デジタルでもその形に近い方が

描きやすいのです。

なので

例え液晶ペンタブレットでなくても

ペンタブレットは欲しかった。

なので

液晶ではないペンタブレット

いわゆる板タブを購入しました。

これは活躍してくれた。

私にとってはマウスより使いやすく

通常の検索なども

全てペンタブレットを使用し

マウスを使用しなくなりました。

けっこう、その時期が長く

マウスで上手く描く人もいるけど

私はデジタルで絵を描くときは

板タブを使っていました。

 

液晶ペンタブレットついに購入

その後、ワンルームではありますが

やや広いところへ引っ越すこととなり

この機会に念願の液タブを購入と思い

その頃は

いろんなサイズがでていた

液晶ペンタブレットをついに購入

机に置けるサイズにしました。

 

 

ところが、使わなかった

私があたったものが

良くなかったようで

しょっちゅう不具合がおきて

イラスト描きたいのに

手が止まることだらけ

イラストを描いてる人なら

わかると思うけど

気持ちの入ってる時に

一気に描いてしまいたのです。

板タブと違って

いちいち立ち上げるのもめんどくさい。

 

 

あと長年の間、板タブ使いすぎて

けっこう慣れて

液タブだと

自分の手が邪魔に感じたり

液タブの方が

下を向いて描くので

猫背がひどくなったり

多分、サイズも私には小さすぎた。

それなら

大きな液タブに買い直して

猫背にならない角度に据付けようか

などという

考えになっていたのですが・・・

 

 

ちょうど、そのころ

Apple Pencil

というものが出て来て

これが非常に性能が良い

iPadに紙にペンで描くように描ける

ということを聞き込み

調べると本当にいいらしい

ソフトやアプリも面白そうだし

持ち歩ける便利さもある

いろいろ検討した結果

そちらを購入

確かに精度も良いし

いろいろできて面白い

しばらくは

楽しく使っておりましたし

今もたまには使います。

主流で使ってはいないけど

買って良かったと思っています。

 

液タブに憧れながらも

いろんなタイミングが合わなかった〜

 

液タブ、板タブでもなく結局それかい

それじゃ現状

私はどういった方法で

イラストを描くことが多いかですが

なんと

紙に筆で手描きです。

わたしの場合は

後から見返しても

それが一番上手く描けます。

手描きの味も

デジタルの手描きより

やっぱり良い物が出る気がします。

それをスキャンして

デジタル加工はしますが

それはパソコンで板タブを使って

Photoshopやillustratorを

使って仕上げる。

私のイラストは

このタイプが一番売れるのです。

早く描けて量産もし易いし

描いてても楽しい。

 

 

現状が完成形とは

思っていないし

別のタッチもあれば

嬉しいけど

今は特に液晶ペンタブを

新たに購入する

予定はありません。

出逢うタイミングも

あったのかな。

板タブは今も大活躍してくれてます。

ペンタブレットのペンは

液タブと板タブ共に

wacomさんが手に馴染んで

一番書きやすいです。

 

 

液タブ板タブ

どっちがいいかは

イラストレーターは

悩む処だけど

私は、こんな感じになりました。

でも

どれもそれぞれ

良いところがる

いろいろあっても

イラストレーションライフは面白いです。

 

【ストックイラスト 】不器用な私がペンタブレットに助けられてる話(手描きアナログ絵師にもおすすめ】

お得なオリジナル品が豊富なペンタブレットの【ワコムストア】

タイトルとURLをコピーしました