【ストックイラストってどんなもん】後発の初心者でも稼げるの?(現状や始め方など)

ストックイラスト(方法)

ストックイラストを後発の初心者が稼げるの

(2021年8月21更新)

ストックイラストに興味はある!

でも、全くの初心者で何をどうするのかわからない〜

というか、、、今から後発の自分が初めて上手くいくのだろうか…?

そんな人に伝えたい。ストックイラストの現状、ベースとなるマインド、方針などを記事にしてみました。

(そういう私は・・・)
ストックイラスト歴5年以上になります。現在は月3〜5万ぐらいになっています。経験から思うことを、記事にしていきたいと思います。

 

ストックイラストは、今から稼ぐのは厳しいです。

いきなり、話の腰を折るようですみません。
でも、この現状は知っておいてほしいです。

条件によってはほぼ稼げません。

ストックイラストは気軽に始めることができるので、ここ何年かで恐ろしいほど参入者が増えています

登録されているイラストの数もクオリティも、ものすごく上がっています。激戦であるということです。

私はデザイナーをしているので、イラストをダウンロードする立場でもあります。
本当に肌感覚で感じますが、最近ではストックイラストの数も種類も多くて無料イラストでデザインのかなりの部分がまかなえます。

便利な半面ふくざつな気持ちですが・・・

 

100%無理ではない

私のネットで見聞きした感覚では8割以上の人は稼げないです。1〜2年続けても月1万円も稼げない、それどころか、ほとんどダウンロードがない人もたくさんいるイメージです。

参入者の人数、上位へいける確率、収入を得られるパーセンテージ、数字で考えると無理だからやめようと思ってしまうかもしれません。

ただ、あなたが稼げないかどうかは誰にもわかりません。

私自身のことを言えば・・・
今私が真っ白な初心者だとしても必ず始めます。
自分のイラストに自身があるからではありません。

本当にイラスト描くことが好きなのでそれで生計を立てたい、イラストを描いて登録して売ることができるなら、イラストを描く習慣がつくし、励みにもなるからです。

売れるのが難しいという情報は私が初めた頃(5〜6年前)からありました。

それでも、こんな楽しそうなことやらない手はない。売れなかったら、売れるように考えて研究してまた描けばいい、と思っていました。

イラストが好きで描きたい気持ちは数値では表せません。

この記事を読んでいる方に無理強いするつもりはありませんが「楽して稼げるものなど無い」という前提なら何を始めても同じなのではないでしょうか。

 

後発で、実際稼いでる人もいます。

後発で、実際稼いでる人もいるという事実があります。

本当にストックイラストのサイトのランキングなどを見るとわかりますが、今まで見たことのない人が上位に入ってきたりしています。

特にPIXTAさんはわかりやすく情報を出してくれているので、ずっとサイトをチェックすれば売れ筋の変化なども把握できます。

売れる条件としては

  1. 普通にクオリティが高い
  2. 需要にハマるタッチ(ライバルが少ないと有利)
  3. それなりの数がある

おそらくこの全てが必要です。

上手い人でも数は絶対必要です。(100枚以上がスタートライン)
10枚ぐらい描いて楽に稼げるとかはまず無理です。

それと、選ぶ側にとってはいつ頃登録されたイラストかなんかは関係ありません。条件が揃えば売れてくるということです。

 

本当にイラストが好きならおすすめしたい。

本当にイラストが好きな人になら敢えておすすめしたいです。

ストックイラストは私自身の経験から言えることですが・・・
イラストのダウンロードで収入以外に、得られたことがたくさんあったからです。

  • イラストの技術が上がった(たくさん描くから)
  • クライアントワークの声がかかった(サイトを見て)
  • イラストが好きだから楽しい(たまに売れるとさらに嬉しい)

なので決して売れなくても何も残らないわけではありません。

それにパソコンが有れば、始めるのにお金はほとんどかからないです。

 

初め方

興味はあるけど、どういうものか知らないので全くイメージできない。という人のために、具体的な初め方を紹介しておきます。

(準備するもの)

❶パソコン(安いものでよい)これだけは必要。無ければ買うしかないです。
❷ソフト(描くイラストによってかわる)

イラストレーター

クリップスタジオ

このあたりが定番だと思います。両方あれば最強です。

【それぞれのソフトの特徴】

○イラストレーター(カチッとしたイラスト表現が得意)ベクターで描く独特の描き方

○スリップスタジオ(柔らかいイラスト表現が得意)ペンなどで描く感覚に近い

○上記はソフトで描くデジタルイラストの場合です。
⬇アナログイラストの場合は下の記事を参考にしてみてください。

(やること)

❶描く

まずはグラフィックソフトの基本操作を覚えないといけません。
勉強の仕方は何通りかありますが、描きながら途中で調べて覚えていくのが早いと思います。

(覚える方法)
  • ネットで調べる(お金をかけたくないなら)
  • マニュアル本(読んで覚えるのが得意なら)
  • オンライン講座やスクール(基礎から学びたいなら)
❷サイトに会員登録(無料がほとんど)
❸アップロード

※❶と❷はどちらが先でもいいけど、サイトにアップロードするには、サイトごとにイラストの作り方の規定があるので読んでおいた方がいいです。

あとは売れるのを待ちつつ新しいイラストを描く。それを延々と繰り返す。(最初は売れない人がほとんど、根気が必要です。)

 

⬇アドビソフトもセットのオンライン講座

 

おすすめのサイト

私の個人的な意見ですがPIXTAがおすすめです。

特に初心者が最初に登録するなら下のような良い条件が揃っています。

  • サイトが使いやすい、わかりやすい。
  • 登録がしやすい。
  • ランキングなどがわかりやすく出ていて励みになる。
  • コンスタントにセミナーやイベントがあり勉強になる。

私は複数のサイトに登録していますが、登録がやりにくかったり、あまり売れなかったりなどで辞めてしまったサイトもあります。

今は、お気に入りのサイト4社(PIXTA / Adobe Stock / image mart / photolibrary)だけに絞りました。

登録に時間がかかったり、納得のいかないリジェクトなどのストレスがほとんど無くなりました。

人によって売れやすいサイトは違います。
私の場合は月によりますが、だいたいAdobe Stockが一番売れます。

最初はいろいろ登録してみるのも一つの方法です。ただ登録時間は、かなりかかります。なので自分が続けられる範囲で増やすのがいいと思います。

 

いろんなサイトを下の記事で紹介しています。

 

まとめ

ストックイラストに興味がある方の参考になったでしょうか。

楽しく思えて続きそうなら、ぜひ始めてください。そしてどんどん描いてください。

ただ、最初は楽しいけど必ず気持ちが下がってくる時期も出てくると思います。それは誰でもそうです。

今からなら後発になりますが、厳しい反面、後発の強みとしていろんな人が続けるための方法などをネットに上げてくれています。それは、ぜひ生かしてください。

あと、頑張りつつも、自分を追い込んでしまってしんどい人は、いつでも止められるんだし、みたいな気持ちの余裕も必要です。止められるし、休めるし、休んでも、いつでも戻ってこれます。

続けていけば、1枚ダウンロードされたとか、順位が上がったとか、上手く描けたとか、小さな喜びがあります。

それを噛み締めながら頑張ってください。千里の道も一歩からですよ!

 

»イラストレーター無料体験版

»無料体験版【クリップスタジオ】

 

 

タイトルとURLをコピーしました