【デザイナーが実践】簡単に、それなりの和風デザインを作りたいあなたへ

イラストレーション

和風のデザインの王道

今時はデザイナーでなくても

ソフトを使ってPOPやラベルなどを

pcを使ってデザインをする人も

多いと思いますが

 

たまたま必要に迫られたけど

プロでもないのに、どうしたらいいか解らない?

別に本格的に勉強する気もないし

お金を払ってまでプロに頼む気もない。

そんな人も多いのでは?

 

因みに私はプロのデザイナーですが

20年以上もデザインをしていると

デザインは感覚だとはいえ

型とかパターン、コツなどもあるし

そういったものが

自然に身についてきたりもします。

 

今回は私が何度も仕事で使った

和風のデザインを早く

それなりにカッコよく作りたいときの

一つのパターンを紹介します。

仕上がりはこんな感じです。

お酒のラベルです。

  • 使用ソフト/ illustrator

白背景に品名の筆文字バーン

① 白い正方形を描きます。

品名の筆文字を用意します。

用意する方法はこんな感んじ

  • 自分で書く
  • 誰かに描いてもらう
  • 無料素材を探す
  • 有料でプロに描いてもらう

コレどれもムリって人も多いと思います。

 

それなら筆文字のフリーフォントを使う

という方法もありますが

今回のは早く簡単に作る

という事なので

 

pcにデフォルトで入ってるような

フォントを使います。

 

 

② 文字をこんな風に打って線の設定で太くしてください。

(好みによりそのままでも良いかもしれません。)

 

③ アウトライン化(command+shit+O)する

アウトライン化して

部分的に伸ばす斜めにするなど

タイトルっぽく見せる為

少しアレンジします。

 

(手順)

①グループ化を外す(command+shit+G)

②配置をアレンジ(この場合左右に文字をずらす

③文字に大小をつける(この場合「舞」を大きく)

④バランスで文字をやや細くする

⑤文字を斜めにする(左のツールボックスのシアーツールを使用)

 

そして他の必要な文字を

空いてるところに入れる。

このとき太い文字と細い文字の強弱が

しっかりついてると見栄えが良い場合が多いです。

 

③ 2重の黒い枠で囲む

二重の枠で囲みます。

外は太く、内側は細く

外側の枠は端っこギリギリに

なりすぎないように

(コレはプリントしたとき

欠けたりズレたりを防ぐ為です。)

あとは純米酒の横にもラインを入れて

全体を読みやすく引き締めしめます。

 

④ 赤い落款(ハンコ)に関連性のある文字

赤い四角を描きます。

そこに関連性のある文字を入れ

ここでは「寿」を書き落款(ハンコ)風にします。

やや角丸にして、白い囲み系をつける。

効果→パスの変形→ラフ

などで手書き風にすると雰囲気が出ます。

ここでは下のような数値にしました。

 

⑤ 背景に素材を薄く入れる

背景にうっすらと

素材や柄を入れる

それらしくなりますが

コレは無料ダウンロードにもいろいろあるし

簡単な形なら作ってもオッケーです。

 

ここでは丸を何個か描いて背景にしてみました。

重ねたところを透けさせるには

上のメニューより

(ウィンドウ→透明→乗算)

ただ背景がなくても

和紙風の紙にプリントするなら

紙の質感で良い感じになると思います。

 

出来上がり

こんな感じに出来上がりました。

 

色は簡単に変えられるので

お好みでいろいろアレンジもできます。

どれも、ちょっとしたことですが

雰囲気が出て

イラストレーターを少し使える人なら

そんなに時間もかかからずできるのでは。

 

まとめ

このやり方は

実は私がまだまだペーペーの頃

同じ職場の優秀なデザイナーさんに

教えてもらった裏技的なものです。

和風ラベルのデザイン2案

3時までに仕上げなければいけない

でも、もう、1時半なのに

1案が思いつかない。

 

そんな状態で教えてもらった記憶があります。

かなり昔のことではありますが

今も誰かの役に立てばいいな〜

 

タイトルとURLをコピーしました