緊張が辛い話

マインド

緊張が辛い話

私は子どもの頃から

何かと緊張しやすく

それが今も続いています。

人と話すのが苦手で

仕事の打ち合わせなどは

気心の知れた人とでないと

字が書けない

手が震える

そこを頑張って書くのですが

人を待たせるのがとても辛く

字も省略して

見た目もめちゃめちゃです。

後で必ず見返して

書き直すのですが

これは緊張どうのよりも

間違いのないために

するのですが

世の中の流れが早くなってきて

昔はそれが良いことだったのに

近頃はそれが同じことを2回する

要領の悪いことと

取られてしまいます。

分刻みでスケジュールを

管理されるように

なってしまったので

そうなってしまうのですが・・・

ただ、仕事上

字の間違いから

ミスにつながる事もあるので

緊張する私には

必要な事で仕方ないと思っています。

人が前を横切ると辛い

人が前を横切る

人とすれ違う

それに心を乱されて

嫌な気持ちになります。

接触していなくても

そんな感じなので

人混みは本当に苦手なので

今は、そういった事も

少ないですが

なるべく人のいない場所を歩くし

混んでるお店には行かない

ようにしています。

仲の良い人などは

大丈夫なのですが

自分と他人の境界が薄く

無駄に外からの情報を

感じやすいみたいです。

テレワークが辛い話

会社からの要請で

テレワークをしていたことが

あります。

私にはそれが合わなかった。

テレワークが

孤独で辛いという話は聞きますが

私は全く逆で

誰もそんなことはしてないのに

ずっと監視されてるような

緊張が続いてしまいました。

とにかく仕事が忙しく

1日中連絡が入り

心が休まる暇がなかった。

それは職場でも同じだけど

仕事が終わったら

会社に連絡を入れるのですが

それでも終わった気がしない。

パソコンを閉じても

パソコンや資料があれば

職場の感覚になる。

そのままご飯を食べ

そのまま寝る

職場で寝泊まりと同じ感覚。

休みの日もそれが続く。

耳の奥がズキっと痛いことが

何度か続き病院へ

後頭神経痛という

ストレスから来る症状で

原因がわかったので安心し

病院でいただいた薬を飲んだら

だんだん治ってきました。

緊張しやすい私が

さらに緊張状態が

続いてしまったのだから

仕方がないのですが

仕事のやり方には

合う合わないがあるので

合う方法を選ぶ方が

良いと思います。

知ることで楽になる話

辛い話ばかりでしたが

近頃よく耳にする

hspという気質

どうも私は大半の部分で

当てはまるようで

緊張を司る物質が

人より多く分泌される体質

らしいです。

性格ではなく体質的なものらしいので

根性で治すという

類のものではないらしいです。

それを知った時

本当にほっとしました。

いろいろ生き辛く

自分が本当に

社会人として情けないような

気がしていたからです。

5人に1人はそんな人が

いるそうで決してめづらしいことでは

ないそうです。

マイナス面ばかりではなく

芸術的な才能がある人が多いなど

良い面もあるようですが

イラストを描く私にとって

それは喜ばしいことです。

hspだからイラストが

描けるのかも知れない

そう思えば

幾らか気持ちが

軽くなったりもしてます。

イラストが好きな方

そうでなくても

私みたいな方

もし悩んでるなら

それは気質かも知れません。

良いところも

たくさんあるようですよ。

それを知ることで

気持ちを軽く持って

もらえたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました