【あなたはどちら?】定時に帰る人、帰らない人

マインド

(2021年3月6日更新)

定時に帰る人、帰らない人

私は長い間、会社勤めをしていますが

会社にいると様々な人に出会います。

うちの会社は残業が多く

今でこそ残業は奨励されない世の中ですが

以前は定時に帰るときは

体調が悪い、用事があるなど

理由が必要な風潮がありました。

でも、その中に1割程度は

定時で帰る人が何人かいました。

タイプはいろいろです。

  1. 定時で帰る前提でしか仕事を受けない人
  2. いい加減でほっとらかして帰れる人
  3. 仕事の質からして残業が発生しない人

2番は問題外として

1のような人も上層部からは

良く思われなかったりもしてました。

でも、それって普通のことだよな

もし、世の中の人が

みんな1のような人なら

それで廻っていくんだよな

そんなことを思っていました。

残業をしたくて

  • それが自分の出世やスキルアップに繋がる
  • 仕事そのものにやりがいを感じている

そういう人は

残業をすること

悪いことではないと思います。

でも

  • 周りの目が気になって帰れない
  • 早く帰ると仕事をぎゅうぎゅうに押し込まれてしまう

そういうことなら

職場環境に問題があるのでは。

環境は大切

急に仕事を辞めたりするのは

難しいと思います。

でも、自分のいる環境の中で

常識になっていることが

本当にそれでいいのか

その人間関係の中にいて

自分はおかしくなっていないか

俯瞰で見ることを

忘れないようにして

自分の生き方を

考えていくのは

大切だと思います。

でないと

何かをやりたくても

間に合わない

体や心を壊してしまう

なんてことにも

なりまねません。

後悔しないために

人生の貴重な時間です。

もし、いつか何とかなるだろうとか思って

長い間不満を抱えながら仕事をしているのなら

このまま何年、何十年たったら

どうなるのか

自分は後悔しないのか

ちょっと

自分の毎日を俯瞰で見てみたり

他に道はないのか

横を見てみたり

してみてください。

過ぎ去った時間は

帰ってきません。

私は何十年も働いてきて

結構残業もしてきたけれど

若い時は時間の要素を考えず

その日が無事に終わればいいと

思っていたけれど

今になって

もっと有意義に時間を使うことを

考えておけば良かったと後悔しています。

今も残業はするけど

昔ほどはしないし

自分の時間は自分の目標に向かって

考えて使っているので

ヘトヘトだけど

充実した毎日を送っています。

でも、長い時間かけて

積み上げてくればよかったことを

大急ぎでやっているので

本当にヘトヘトです。

職場環境が合わないにもかかわらず

ずっと我慢しすぎて

一時、体調不慮を抱えることにも

なりました。

その状態でそれとは別に

やりがいのあることも

目標にして進めている状態です。

職場を辞めれば

体調も良くなると思いますが

すぐには辞められない。

そんなことに

なるまえに

無駄な辛いことは切ってしまい

意味のあることで

頑張ってくればよかったと

思っています。

スタートは早いほうがいい

今は目標があって

何もしていないときよりは

ずっと有意義です。

ただ、それを若い頃からやっていれば

今はもっと金銭的に楽になったり

自分も成長して

ゆったりと有意義な生活が

送れるのにと

と思うこともあります。

でも、私の場合

それを知らなかったことが

若いイコール未熟だった

ということだと思います。

なので

自分の生活に不満があるのに

何もしていない人は

自分の頭でしっかり考えて

何より大切な大切な自分の為に

考えて先延ばしにせずに行動して

1日も早く有意義な生活を

送れるようにしてください。

働くなら自分のために働いてください。

やりたいことがあるなら

1日でも早く始めてください。

時間は待ってくれません。

本当に昔の自分に伝えたいことです。

 

タイトルとURLをコピーしました